早漏の種類

早漏とは5つの原因によって起こると考えられています。
身体に対しての直接的な要素もあれば、心理的・精神的なことが要素もあると言われています。
過敏性、包茎性、心因性、仮性、衰弱性の5つとなります。
それぞれに改善方法があり、医師による治療、性行為でのトレーニング、治療薬、クリニックなどで行う外科的な手術などの方法があります。
男性本人が何が引き金となり射精感をコントロールできなくなってしまっているかを考え、それに応じた治療方法を選択していかなければなりません。
過敏性は最も多いと言われ、ペニスの亀頭部分や皮膚あるいは周辺の神経が他の人に比べて非常に過敏な状態になっており、少しの刺激で射精感が現われてしまいます。
若者を中心に多いとされています。
射精直前でペニスを強く握り我慢するを繰り返し行うスクイーズ法やパートナーの女性に協力してもらい射精とオーガズムのタイミングを合わせるセマンズ法が有効とされています。
時間を要しますが、高い効果があることもわかっています。
包茎性の場合には亀頭が皮をかぶっている状態なので亀頭が性的刺激に弱いために射精感がすぐに訪れてしまいます。
包茎は不衛生な状態になることもあるので、包茎の手術を受けるのが最も良い方法となります。
心因性や仮性はセックスに対する不安や緊張またはストレスや過労によって症状が現われてしまいます。
性行為を繰り返す事で不安や緊張が取り除かれ、実践的な方法で解消することが最も良い方法となります。
最後の衰弱性ですが、年齢を重ねることが原因となり起こります。
射精をコントロールする筋肉の低下によって射精を我慢できなくなってしまっています。
この場合には内服薬であるダポキセチンの服用を行ったり、外用薬であるリドカインなどの使用によって改善を目指したり、体力や筋力を上げるために日々の生活に適度な運動などを取り入れること良いとされています。
薬によって症状の治療をお勧めするサイトなどが多いようですが、早漏の原因をしっかり知ることで最も良い方法を選択することが出来るようになります。