リドカインについて

リドカインとはキシロカインのジェネリック医薬品であり一般的に世界中で広く使用されており有名な局所麻酔薬(早漏防止薬)として有名でありリドスプレーの有効成分となっております。この成分を含んでいるのがリドスプレーというものがありますがその他キシロカインなどのスプレーなどにも多く配合されており、神経痛や手や足などの痺れなどの一部の軽症状にも効果があります。
なお、このクスリの歴史は古く1943年にスウェーデンの科学者であるニルス ロフグレェンとベングット ルゥンドベリィの2人により開発され、販売は開発から約5年後の1948に開始されています。アミド型の形をした局所麻酔薬となっており安全性が高く構成されております。性質上での特徴としてはシロまたは薄い黄色の結晶または結晶型の粉末であり、水に対して不溶解である。
副作用としていくつか挙げておきますと、【眠気、吐き気、ショック症状】などがあり早漏改善薬としても使用するかたも多くいます。症状にもあるショック症状として全身のけいれん症状があったのちに呼吸困難を引き起こし死亡例も確認がされています。
重大な副作用も報告がされており刺激伝導ショックやときに刺激伝導系抑制または徐脈や血圧の低下ショック、意識障害等を生じてしまいマレに心肺の停止をきたすことがあり、非常に低確率でアナフィラキシーショックを起こしたとの報告がある患者の観察を十分に行うことを必須とし上記のような症状が見られた場合には適切な処置を行うことです。その他意識障害、悪性の高熱、まれに原因不明とされている不整脈、血圧変動や急激な体温の上昇が現れた場合医師による診断が必要となります。
取扱い上の注意といたしましては本剤はポンプでは使用しないことや包装から取り出す際に押を持って無理に引き出さないことまたガスケットが変形してしまいそれにより薬液が漏出するおそれがあるため強い衝撃を避けること。
開封後の使用は1回のみの限りとし、使用後の残液は容器と一緒にすみやかに捨てることを忘れずに。
なお、リドカインと似ている商品でキシロカインというものがあります。このクスリは主に手術などにも使用されており、おもな使用用途や副作用はほぼ同じであり成人の男性方の場合、一度に一回0.5の液を使用するようにしてください。
なお、使用用途・用法容量を正しく守り身体に気になる異常な副作用が現れた場合は近くの医療機関やかかりつけによる医師に診断を受けることを強くお勧めいたします。

リドカインなど早漏改善の薬なら|おくすり購買部